せんだんふれあい会

 このせんだんふれあい会は、自治体が行うのではなく、また町内会が主導的に行う活動でもない。地域の憩いの場になっている「ひょうたん池」周りの花壇等管理をボランティアで行う「通称 ひょうたん池花クラブ」が主催している、文字通り自主的な活動である。

 このふれあい会は、「外に出る機会が少なく、また他の人たちと話し合う機会が少なくなっている一人暮らしの高齢者を、私達が活動する場所「自然の雰囲気が味わえるひょうたん池」にお招きして、みんなで楽しい一時を過ごしてもらおう」、という思いで平成22年秋から取り組んでいる活動である。

 当時、この活動を始めるかどうかを議論したとき、「ボランティア団体に過ぎない我々が何故そこまで・・・」とか、「町内会のやることではないのか・・・」等々の意見もあったが、「今後高齢化がますます進む町内において互いに助け合う活動はますます必要になるし、地域の憩いの場ひょうたん池に遊びに来てもらえば、きっと喜んでもらえるだろう」という意見にまとまり、平成22年秋に船出した。それ以来、続けること間もなく7年になる。(29年7月現在

 例会は、ひょうたん池側の栴檀の大木の下で行う。野外であるため、寒い12・1・2月を避け、合わせてお盆の8月はお休みにして、年8回計画している。
時には悪天候で中止することもあるが、これまでおおむね年7~8回会を重ねてきた。
 
     
       太極拳の先生の指導で、座ったままで出来る簡単な体操を楽しむ

 猛暑日の暑い日でも、せんだんの木の下は自然の冷風が吹き抜け、家にいるより涼しいと定評がある。 そのような自然の中でお茶を飲みながら、団らんのひと時を過ごしてもらう。ふれあい会の大まかな内容は、私が時の話題を出してみんなで語り合うことから始め、太極拳の先生の指導で座ったままで出来る簡単な体操、民生委員によるクイズや紙芝居等で、1時間~1時間半を楽しく過ごしていただく。
 また年1~2度、市の地域包括支援センターの方に来ていただき、季節の変動による生活上の注意点など(夏は熱中症や食中毒対策、冬は風邪や肺炎にかからない注意点など)を話していただくこともある。

 どんな方々をお誘いすればいいのか、我々には町内の高齢者の実態が分らないので、ふれあい会への案内は、町内の民生委員の方々に協力をお願いしている。
 当初はやや硬い雰囲気であったが今では、自然な形で和気藹々の雰囲気に盛り上がり、一人暮らしの高齢者が外に出ていろんな人との触れ合いを楽しむ雰囲気が出来てきたようだ。
 このふれあいの輪が、町内の人と人の絆が強くなるよう、もっともっと工夫をし続けたいと思っている。

                     戻る